2008年12月29日

自分のプライドとの闘い

■29S12月3週

ダイワスカーレット、もう最高の逃走劇っ!!!
もう凄ぇぇぇ!!!
しかし’ダスカ ― ゴッホ’1点で買ってたのにお祭りなにしとんねん。

で、猫。
ルシファーが鳴尾記念を制覇っ!!
1907.PNG1908.PNG
なんとなんとまだピークですよ5歳になっちゃいますってww
種牡馬になるタイミングを完全に逸してしまいましたね。。。
来Sも現役で頑張ってもらいましょう。
ここまで来るとどこまで踏ん張れるのか見て見たいしねー。



さてさて。
書いてたけど載せてなかった
「紳士、Gの診察を告白する。 〜 未知の体験のワンフィンガー 〜」
の続きです。
引き続き食事中の方はお気をつけ下さいw


ホーホー
バサバサバサ
ヤーキィモーヤァキィイモー

夜。
就寝前。

さて。
トマホークを入れねばならないのだが。
よみがえる記憶
消せない感触。
やるしか、ないのか。。。

まず右手にするか左手にするか。
悩みどころだ。
利き手の右の方が狙いは付けやすい。
しかし色々なものを掴む。
食べ物もだ。
・・・。
うむ。。。
やるせないが先生みたいにガッシガシ洗えば平気だろ。
初心者に利き腕じゃないサウスポーは危険すぎる。

封を開ける。
右手の人差し指の上に乗せるように親指と中指で支える。
その状態でおもむろに右手を後方下方に移動させる。
足を肩幅に開き、少し中腰で身体の力を抜く。
さぁ。
自分も変わらなきゃいけないときがきた。
自分で自分のプライドを破かなきゃならない。
革命だ。

変わり始めたマァイ・レボリューション♪

昔聞いたフレーズが頭をよぎる。
なるほどこういうときに自分を励ます曲だったのか。
やるな渡辺。

徐々に右手を上に上げる。
対象の門に到達。
同時に何か触られてる感を認識。
うむ。間違いない。

ロック・オン。
トマホーク、ファイヤー!

勇気ある右手人差し指が進行を開始するッ!

ズッ

アッ!! ハァッ!! アッ ハッ アッ!!

自分の攻撃に自分で耐えられない。
声が出る。
ちくしょう。

感覚的にはメリメリ入って行く感じ。
広げてメリメリっと。
あぁ入ってるよ、、、自分で入れちゃってるよ。。。
また人間として負け犬気分到来。

トマホーク、挿入完了。
同時に。
右手人差し指、門にタッチ・ダウン。。。。
自分、ノック・ダウン。。。
初の手触り感覚を嫌でも感じる。

新食感宣言。

なぜかそんな単語が頭に浮かぶ。
いや食感じゃ断じて無いんだけど。

さて、いつまでもタッチダウンをしていたくない。
マジで。
ちょっと退却してみる。

トマホークも退却してきた。
・・・出てきやがったコイツ。。。

屈辱に震えつつ再度タッチダウン。
今度は強く門に押し付ける押し付ける押し付けるッ!
くそーくそーくそー!!!!!
半ばヤケクソ。
いやその悔しがり方も表現も今の状態ではドツボだ。
くそー・ヤケクソは禁止だ。

2分程強いタッチダウンのまま過ごす。
ずっと触っているわけだ。
頼むから早く溶けてお願いだから。。。

指、撤退。
トマホーク、撤退。。。

おんどれは懐いた犬かッッッ!!!!!?
アホかッッ!!!!
どーすんだよ出てきてどうすんだよッッ!!!!
ハァハァハァ。
興奮すると余計出てくるのが更に火に油を注ぐ。

どうすれば、いいんだ。。。

洗面所で下半身だけ生まれたままの紳士、途方に暮れる。

英断。
そうここはもう英断しかない。
やるしか、ないんだ。

もっと奥まで入れるしかないんだ

覚悟を決めた。
今までの常識を捨てた。
プライドを捨てた。
生きる為だ。色々なものを捨てた。

トマホーク、点火。
進むトマホーク。
進む右手人差し指。
トマホーク挿入完了。
まだまだまだまだまだまだァァァァ!!!!
オラァァァァァァァーーーーーーーーッッッ!!!!
右手人差し指が未知の門の中のロードを進む!

なんでもないようなことが、幸せだったと思う。

ハーモニカを吹いて吐息を吐いているシーンとメロディーが浮かぶ。
その通りだッッ!!!
昨日までの自分は幸せだったんだッッ!!!!
右手を進入させながら心からそう思う漢が心で叫ぶ。
ハーモニカを吹いて吐息を吐いているシーンとメロディーが浮かぶ。

第一関節、埋め込み終了。
どうする?コマンド。
「たたかう」

進むフィンガー。
深度を上げてトマホークも進む。

第二関節付近まで到着。
どうする?コマンド。
「ぼうぎょ」

深いところで溶けることを祈って待つ。
どうでもいいが、指INな今のポージングを他人に見られたら僕は死を決意せざるを得ないだろう。

2分。

どうする?コマンド。
「にげる」

ゆっくり、ゆっくり撤退を開始する。
追ってくるな、追ってくるな、と念じながら。

ポンッ

「ただいま」
「おかえり。よく頑張ったな」

思わず自分の指と会話が成立するほどの安堵感。
そしてこれは気をつけなければならないが指先を見てはいけないのはマナーである。
その確認はしてはいけない。

追っては、、、来ない!

イエスッ!!!イエスイエスイエスッッ!!!
思わず拳を固めてガッツポーズ!!
しかし右手の人差し指は固めていない。当然だ。

一応1分程待ってみるが現れない。
ふふふ見たか。
肉を切らせて骨を絶つ。
人間、やろうと思えばやれるものだ!!

たっぷりキレイキレイポンプを出して洗う洗う洗う!!
一回流して今度は右手人差し指を洗う洗う洗う!!!!!!

OK。
ミッション・コンプリート!

長い、そして激闘の一日がこれで終わる。。。

おわったぁぁぁぁぁぁぁ。。。。
もうこんな生活やだー。
こんな体験やだー。
つか明日仕事場になんて報告すれば。。。
カッチョ悪ぃ。。。


こうして屈辱まみれの悪夢の日が終わった。





そして薬は2週間分あった。


〜 完? 〜






今では15秒で全工程が完了できる慣れてしまった自分が悲しい。
posted by セツナ at 00:41| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 29s的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by q at 2008年12月29日 01:29
初コメですo(〃^▽^〃)o
なかなか興味津々です( ̄m ̄〃)
また覗きにきますね♪
Posted by ゆうきん at 2008年12月29日 23:07
 ロードは13章までしかないので
 最後の1日は昭和枯れススキでも
 歌ってください。
Posted by はっしーちゃん at 2008年12月30日 00:05
>q?
そんな快感はいりませんw

>H
いや13章あれば十分だろww
Posted by セツナ at 2008年12月30日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック